INFORMATION

住宅ローン控除の注意点

最近良く「住宅ローン控除が出来なくなってしまった!」との声を聞きます。 住宅ローンの借換えをしたり、繰上げ返済をしたときについうっかりして起こしてしまうミスです。住宅ローン控除は最長10年間年末残高の1%を所得税等から控除される仕組みです。しかし控除を受ける場合一定の条件があります。ポイントを把握しておかないと損をしてしまう場合かあります。

固定金利へ借り換え

3月に入り賃貸仲介会社は繁忙期の真最中ですね!この時期は定休日もなく営業している会社も多いのではないでしょうか? ここ数ヶ月でよく聞くのですが、変動金利で借りている住宅ローンを固定金利にシフトしている方が増えている様です。 固定金利の参考となる「長期国債利回り」が昨夏頃からじわじわ上昇傾向にあり、金融機関の固定型金利が引き上げ傾向にある事に影響を受けていると思われます。今後長期国債の利回りが低下していかないのではとの見方があり固定金利が底打ちでは?と考えられています。

住宅ローン滞納中に繰り上げ返済できる?

任意売却を決断して今年の1月より自宅売却中です。先日、内覧して下さったご家族から購入申込を頂きました。値引き交渉はありますが、申込金額で2社からの住宅ローンは完済できる予定ですので、進めて頂きたいと依頼しました。 私がやる事として、金融機関二社に住宅ローン一括返済手続きを申し出るように言われ連絡したところ、一社はすぐに対応してくれましたが、もう一社は今まで滞納している7ヶ月分を返済しないと一括返済は受けられないと言われました。 滞納分を返済できる金銭的余力がなく、任意売却を依頼してる担当者に相談しましたが、担当者も理由が分からないようで、もう一度金融機関へ連絡するように言われ再度連絡しましたが答えは変わらず、無理なら法的手続きに入ると言われてしまいました。

平成28年分確定申告の改正点

28年度の確定申告が始まりましたね、皆さんはもう申告はおわりましたか? 今はインターネットで申告できるようになり、だいぶ楽になりましたのでまだお済でない方はお早めに! 今回はまだお済でない方に今年の改正点などポイントを幾つか挙げておきます。

身内間・親族間売買事例Ⅰ

神奈川県川崎市での身内間・親族間売買事例 【状況】 神奈川県川崎市在住の50歳代夫婦と息子1人の3人家族からのご相談。 旦那が経営している建設会社が不景気の煽りを受けて仕事受注が激減する。 これが原因で住宅ローンの返済が滞り、返済の目処が立たないまま6ヶ月が経過したときに横浜地方裁判所川崎支部から競売開始決定の通知が届く。

物件情報

【売地】JR東海道線 辻堂駅 48.00坪/3,120万円

建築条件なしの限定一区画 湘南海岸まで約1,200mの好立地で湘南スタイルを実現 価格:3,120万円 交通: …

【売地】東武東上線 坂戸駅 徒歩13分

開放感あふれる北東角地 公共施設・商業施設が充実した生活環境 2路線2駅徒歩圏の好立地 価格:成約済 交通:東 …

ライジングプレイス石川町

物件名 ライジングプレイス石川町 間取り 1K 専有面積 28.19㎡ 賃 料 現在募集は行ってません 管理費 …

Uハイツ

物件名 Uハイツ 間取り 1K 専有面積 20.70㎡ 賃 料 3.9万円 管理費等 1,000円 敷 金 1 …

【リノベーション】鶴ヶ峰ダイヤモンドマンション

南向きの5階で日当り眺望良好 バス停までほぼ平坦 94戸の大規模マンション 価格:万円(3LDK) 交通:相模 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社インプルーブ(IMPROVE,INC.) All Rights Reserved.