INFORMATION

身内間・親族間売買

身内間・親族間売買事例Ⅰ

神奈川県川崎市での身内間・親族間売買事例 【状況】 神奈川県川崎市在住の50歳代夫婦と息子1人の3人家族からのご相談。 旦那が経営している建設会社が不景気の煽りを受けて仕事受注が激減する。 これが原因で住宅ローンの返済が滞り、返済の目処が立たないまま6ヶ月が経過したときに横浜地方裁判所川崎支部から競売開始決定の通知が届く。

PAGETOP
Copyright © 株式会社インプルーブ(IMPROVE,INC.) All Rights Reserved.