昨冬に亡くなった旦那と共同購入したマンションの事で相談させて頂きます。先日、銀行から督促状が届き、確認したら昨秋から住宅ローンを滞納してたようです。物件を購入する時に入った団体信用生命保険から返済されたと認識してましたが保険料も払ってなかったようです。

借入の連帯保証人になってるので私にも督促状が来てます。旦那の死後、葬儀の事や今後の生活、仕事の事等で相続の事はまだ何もできてません。一括返済する余裕はないので任意売却を考えていますが、売れても数百万の残債が残ります。連帯保証人になってるので残債は払っていくつもりですが、未成年の息子には借金を背負わしたくないので相続放棄をさせたいと考えています。
しかし相続放棄は3ヶ月以内に申請しなければならない事と知り、どうして良いかわかりません。良い方法がありましたら教えて頂きたく相談致しました。

「相続放棄は3ヶ月以内」へのご回答

相続人は、相続を承認または放棄を自由に選択して、相続開始の原因や相続人になった事実を知った時から3か月以内に家庭裁判所へ申述受理の申立をする必要があります。
但し、特別な事情がある場合には3ヶ月経過後でも相続放棄の申述ができることがありますが、正確な事実確認や主張が重要となりますので経緯からご相談頂くことを強くお勧めします。

「未成年の相続放棄」についてのアドバイス

未成年者の場合、自ら単独で相続放棄の申述をすることができないため、法定代理人である親権者や未成年後見人が代わって行うことが原則です。しかし、次のような法定代理人と未成年者との間で利益が相反する場合、未成年者に不利益が生じることがないよう特別代理人選任を家庭裁判所へ請求する必要があります。

  • 法定代理人と未成年者が共同相続人で未成年者のみが、相続放棄申述をする場合。
  • 複数の未成年者の法定代理人が一部の未成年者を代理して、相続放棄申述をする場合。

法定代理人と未成年者が一緒に相続放棄する場合は、利益が相反する危険がないので法定代理人による相続放棄申述受理申立ができます。