任意売却をする場合に、現在の残高を知っておく事は重要な項目の一つです。
物件査定は専門家が行いますが、借入残高は原則は本人でないと分かりません。そのため、予め金融機関へ連絡して返済予定表や、残高証明書を送ってもらうと円滑に手続きを進めることが出来ます。

送ってもらうのに時間がかかる場合、簡易的ではありますがご自身で調べる方法をご紹介致します。

 


ke!san生活や実務に役立つ計算サイト
このツールでは、元利均等または元金均等方式が選択でき、毎回の返済額の元金と金利の内訳や、○○年○○月現在の借入残高の表を計算してくれます。ボーナス払い併用型の計算も出来るので便利なツールです。また、住宅ローンを延滞してる場合には係ります。通常は、遅延損害金は14.6%計算されるので、残額に対して1年間でどの位係るのか?を調べることも出来ます。

任意売却後の残債を予測するためにも任意売却の費用を控除して、返済できる金額で完済できるのか?や、無理な場合は残債はどの位残ってしまうのか?等を把握するためにも借入残高は重要です。

残債は、競売でも任意売却でも返済して行かなければなりません。

もし残債が大きい場合にはどうするか?という事も含めて、総合的に今後の再生に向けて専門家と計画していく事が重要となってきます。