姉夫婦の事で相談させて下さい。5年前に長女の出産と同時に新築マンションを3,500万円で購入しました。義兄は当時36歳、運送会社勤務で安定した収入がありましたが、持病だった椎間板ヘルニアが悪化して去年手術を行いました。

退院後は以前同様の仕事が出来ないため、事務へ移動しましたが収入が半減してしまい、住宅ローンの返済が出来ず3ヶ月ほど滞納して銀行から督促の連絡がきてます。

滞納してるローン分を貸してほしいと相談がありましたが、私も貸してあげられる貯金がありません。義兄も収入の良い転職先も探してたようですが見つからず、夫婦で話し合った結果、今回はマンションを任意売却して賃貸に引っ越す事を決めたと連絡がありました。

ここ数ヶ月で姉の気持ちがかなり参ってるようで、最初から状況を話すのが辛いので、代わりに任意売却の相談をする為に必要な事を確認してほしいと言われ、今回メール致しました。

必要な書類等、相談前に何を確認しておけば宜しいでしょうか?

「任意売却の相談をする為に必要な事の確認」へのご回答

最初の電話相談では、対象物件の住所と面談を希望する日時をお聞かせ下さい。
面談場所に指定があれば無料出張相談を行ってますのでご安心ください。

≪面談までにご確認いただきたい事≫

・融資金融機関と現在のおおよそ借入残額
・管理費等の滞納の有無、税金等の滞納の有無
・競売申立開始決定をされてる場合には開始決定通知書

→親族間売買を希望される方

・買受予定人の年齢、収入状況及び自己資金
・連帯保証人の収入状況及び不動産所有の有無

→セール&リースバックを希望される方

・昨年度の税込年収及び勤務先
・買戻しをする際の買受予定人

≪任意売却の依頼後に必要になる書類等≫

・借入額のエビデンス
※エビデンスは金融機関へ残高証明を申請すると郵送してくれます。
・建築確認申請書類(一戸建の場合)
※中古で購入された場合は書類がない場合があります。
・室内確認の可能日時

まずは、ここまでご準備頂ければ大丈夫です。面談は無料にて対応しておりますので安心して相談下さい。