住宅金融支援機構の住宅ローン返済を滞納していて、担当者から任意売却を薦められています。

インターネットで色々と調べたところ「競売よりも高く売れる可能性がある」と説明されていますが、物件価格は誰がどのように決定するのでしょうか?

以前、簡易査定をしてもらったら2,400万円と言われましたが、2階上が半年前に2,600万円で売れたと聞いてるので、出来れば同じ価格から売りに出したいと考えています。宜しくお願いします。

「物件価格はだれがどのように決定するか」へのご回答

物件価格の決定権があるのは売主である不動産所有者です。
任意売却でも同様ですが、売却代金でローン等が完済できない場合は、抵当権が解除されないと売却ができないため、債権者等の合意を得られる売却価格以上で販売する事が必要です。

住宅金融支援機構では売出価格の提示がありますが、これがない債権者の場合は近隣販売事例や成約事例・地域性等に基づいた、宅地建物取引業者の価格助言を参考にして不動産所有者が決定していく事となります。

住宅金融支援機構の任意売却売出価格について

住宅金融支援機構では、売出価格を決定するにあたり当該物件の実査チェックと近隣物件を参考にした査定書を、任意売却を担当する宅地建物取引業者が提出したうえで売出価格の提示があり、販売活動を開始する事になります。
一定期間の販売活動を行っても成約に至らない場合には、問い合わせ状況や広告活動状況等を宅地建物業者が報告したうえで販売価格の見直しとなります。

ここで注意点したい事は、提示価格で販売活動を行ってきた場合は見直し対象となりますが、これより高い価格で販売活動を行ってきた場合には見直し対象とはなりません。

販売活動が可能な期間は決まっているので、提示価格以上で販売を希望する場合には宅地建物取引業者の助言等から、慎重に決定する事が任意売却の成功の秘訣となります。