こんばんは。
投資不動産コンシェルジュの星川です。

梅雨っぽい不安定な天気が続いてますね。
梅雨も折り返し地点、早く梅雨明けしてほしいです。

隣近所とのお付き合いでトラブルがあると、ことを荒立てたくはないけど、だからと言って、何も言わずにじっと我慢するのも辛いですよね。

さて、今回はマンションに住むAさんが上階の夜中の騒音で体調不良になり、どうすればよいのか悩んでいます。慰謝料を請求することも考えていますが出来るのでしょうか?

近所とのトラブルで「騒音」はよくある原因の一つです。工場や事業者に対しては法律で厳しく騒音が規制されていますが、生活騒音の場合、規制は比較的緩やかです。多少の音の発生は「お互いさま」との考えが強いためです。

自治体によっては騒音をやめさせるための条例を制定しているところもありますが、これを超えたからといって、直ちに勧告や命令が出るわけではありません。

やはり、まずは管理組合を通して解決に当たるのが一般的です。原因を突き止め、防音シートを張る等の対策や、特定の時間帯は音を控えるというルールを決める事が多いようです。

最近の建物は防音処置をした床材を使用している場合も多く、防音対策が取られていると感じます。

問題が深刻な場合、被害者自身が訴訟を起こし、相手に騒音の差し止めや損害賠償請求をすることになりますが、この場合、「騒音が我慢の限界を超えているか?」が争点になります。

騒音、異音に対して人の感じ方には個人差があり、「受忍限度を超えている」と立証するのは思った以上にハードルが高いのが実情です。その結果、訴訟で損害賠償金や慰謝料を勝ち取る例は少ないようです。

とれても20万-30万円の慰謝料で隣近所ともめて気まずい思いをするくらいなら、極力話し合いで解決するのが望ましいと思います。

隣家とのトラブルは無いのが一番ですが、もしもの時にはご参考になさって下さい。

氏 名 星川 隆夫(ほしかわ たかお)
資 格 不動産コンサルティングマスター
賃貸不動産経営管理士
宅地建物取引士
出 身 東京都大田区
趣 味 テニス、ゴルフ
コメント 非公開の収益不動産情報も豊富に取り扱っておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

FaceBookやってます。友達申請大歓迎です。