クリスマスですね!
街はイルミネーションでキラキラしていて楽しそうですが私は今年も仕事です。
先日はタクシーに乗ったら車内までキラキラしていてびっくりしました。

さて、前回「個人型確定拠出年金」のお話をさせていただきましたが、今回もプラスの情報として少し追加でお話させていただきます。

税金の優遇措置に関しては前回のとおりですが、今回は実際に加入をしようとした場合の金融機関選びや手続きについてです。

「個人型確定拠出年金」(通称iDeCo)で金融機関を選ぶ場合のポイントとして

①口座管理費用の金額

②低コスト投資信託の商品バリエーション

③相談のしやすさなどのサービス
になります。

口座管理費用は年間2,000円~7,000円程度ですが金融機関用によってまちまちなので確認が必要です。

商品は大きく分けて「アクティブ型」「インデックス型」に分かれます。
加入者の好みにもよりますが「低コストのインデックス型」がそろっている金融機関が良いといわれています。

また、口座管理費用が高いからといってサービスが良いとも限りませんのでコールセンターの対応、店頭などなどでの説明なども要確認です。

金融機関選びの情報は確定拠出年金教育協会の「iDeCoナビ」で口座管理費用や信託報酬が簡単に比較できるようなので是非活用ください。

加入手続きをする場合もサラリーマンや公務員の方は勤務先に届け出て書類を記入してもらわなければなりませんので要注意です。

自営業や主婦の方は金融機関からもらった書類を自分で記入して提出するだけで大丈夫です。

掛け金も5,000円~23,000円と幅がありますが加入者によって掛け金の上限が違いますのでこちらも要確認です。

所得控除が受けられますので掛け金が大きいほどメリットも出ますが各家庭の事情を考慮して適正な額があると思いますので無理は禁物ですよ。

氏 名 星川 隆夫(ほしかわ たかお)
資 格 不動産コンサルティングマスター
賃貸不動産経営管理士
宅地建物取引士
出 身 東京都大田区
趣 味 テニス、ゴルフ
コメント 非公開の収益不動産情報も豊富に取り扱っておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

FaceBookやってます。友達申請大歓迎です。