不動産売却

  • HOME »
  • 不動産売却

不動産売却に関するまとめページ。
高値売却から買取まで、状況に応じて最適な不動産売却の手法をご紹介します。

不動産を高値で売却するための7つのポイント

1.不動産を高値で売却するには複数の不動産会社で価格査定
1-1.情報力と市場分析力
1-2.担当者の対応力
1-3.販売戦略の企画力

2.不動産を高値で売却する媒介契約の選び方
2-1.正確な販売状況の把握
2-2.不動産流通機構(REINS)への登録確認

3.不動産を高値で売却するための対策
3-1.内覧者への案内対策
3-2.リフォーム・空室対策

まとめ

不動産買取のメリット・デメリットと高値買取への対処法

1.不動産売却で「買取」と「仲介」の違い
1-1.「即時売却」とは?
1-2.「保証買取」とは?

2.不動産買取の7つのメリットとは?

3.不動産買取のデメリットとその理由

4.デメリットを克服する対処法
4-1.対象物件を得意とする買取会社をさがす
4-2.売却価格のボーダーラインを明確にする
4-3.買取会社との仲介が強い不動産会社をさがす

まとめ

訳あり物件でも確実に現金化できる不動産買取サポート


1.不動産買取が適するケース
1-1.離婚による財産分与
1-2.介護施設・老人ホームへの入居
1-3.相続対策・相続税の確保
1-4.土地面積が大きすぎる土地(広大地)
1-5.未接道・私道持分無・再建築不可の土地(物件瑕疵)
1-6.築年数が古い・傾いている建物(建物瑕疵)
1-7.孤独死や自殺があった建物(心理瑕疵)

2.不動産買取のよくあるご質問
2-1.周囲の方に知られずに買い取ってもらえますか?
2-2.相談してからどのくらいで現金を受け取れますか?
2-3.住宅ローンの残債が残っていても大丈夫ですか?
2-4.査定や売却したときの費用はどのくらいかかりますか?
2-5.建物の故障してる箇所は直さなければいけませんか?
2-6.売却した後に、クレームや責任を負う事はありますか?
2-7.売却した後も、今まで通り住み続ける方法はありますか?
2-8.いらない家具や大量のごみは処分しないといけませんか?
2-9.売却が決まったらすぐ引っ越さないといけませんか?
2-10.不動産を売却した際の法律や税金の問題が心配です

3.不動産買取に必要な確認しておくこと
3-1.購入時の不動産売買契約書
3-2.住宅ローンの借入残額

住みながら不動産売却して資金確保するセール&リースバック


1.セール&リースバックとは

2.セール&リースバックの期間と賃料
2ー1.リースバック賃料の設定方法
2ー2.リースバック期間の設定方法

3.買戻しによる再取得方法
3-1.買戻しの際の再取得者
3-2.買戻し価格の設定方法

4.セール&リースバックの5つのメリット

5.セール&リースバックのデメリットとその理由

6.セール&リースバックの流れ

7.不動産の適性診断とは

住宅ローンを滞納したときに知っておくべき任意売却


1.住宅ローンの返済がきつくなったら、まずは銀行へ相談

2.住宅ローンの滞納1ヶ月から競売までの流れ
2ー1.滞納1ヶ月~3ヶ月【催告書・督促状】
2ー2.滞納4ヶ月~6ケ月【期限の利益喪失・代位弁済】
2ー3.滞納7ヶ月~9ケ月【競売開始決定通知】
2ー4.滞納10ヶ月~12ケ月【期間入札開始】

3.任意売却とは
3-1.任意売却と競売の比較
3-2.任意売却の7つのメリット
3-3.任意売却の費用について
3-4.任意売却のデメリットとその理由
3-5.任意売却後の残債について

親子間や親族間で不動産の売買をするとき知っておくべきポイント


1.親子間・親族間売買の適正価格
1-1.みなし贈与とは
1-2.時価の定義と適正価格の決定方法
1-2-1.取引価格
1-2-2.路線価固定資産税評価額

2.親子間・親族間売買の住宅ローン融資
2-1.住宅ローンの融資が受けにくい理由
2-2.不動産仲介会社の必要性
2-3.親子間・親族間売買の住宅ローン控除

3.親子間・親族間売買の税金
3-1.3,000万円特別控除など税金軽減される代表的な特例
4.不動産仲介会社の仲介手数料

5.親子間・親族間売買のよくある質問
5-1.不動産仲介と直接取引はどちらが良いですか?
5-2.差し押さえ不動産の親子間・親族間売買はできますか?

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社インプルーブ(IMPROVE,INC.) All Rights Reserved.