身内間・親子間売買

身内間・親子間売買

通常の取引価格(時価)相当で身内や親子で売買の協力が得られる場合に有効なソリューション方法です。身内間・親子間売買の譲渡価格は、時価が基準になります。著しく低い価格で取引された場合は、取引価格と時価の差額は贈与により取得したものとみなされ、贈与税が課税になります。(相続税法第7条)

親子間・親族間売買 贈与税
価格 通常の取引価格(時価) 土地:路線価、固定資産税評価額×税率
建物:固定資産税評価額

親族間売買の住宅ローンは金融機関の規定があるため困難なことが多いですが、売買の理由、借入対象者の年収や生活状況、保証人の有無、不動産担保評価額等などにより融資が可能になります。また、金融機関が親族間売買の融資に消極的な理由として次のようなことがあります。

親子間・親族間売買に対する住宅ローンの懸念理由
NO.1 親族間の一般的な所有権移転の原因は売買ではなく相続・贈与であること
NO.2 売買に至る経緯が、住宅ローンの基準外である可能性があること
NO.3 自己居住の原則に反した理由で住宅ローンを利用される可能性があること
NO.4 住宅取得のための融資が、住宅以外のものに利用される可能性があること
NO.5 保証会社が金融機関への保証対象として承認が困難であること
NO.6 売買価格の公正判断が困難になりやすいこと

04solution-oyako_01_01

親族間売買の適正価格の算出に関しては、近隣取引事例、固定資産税評価額、路線価、近隣公示価格、家屋耐用年数等を基準として、対象不動産の増価要因と原価要因の数値を反映させた価格に、取引時の経済状況と需給バランスを精査して決定します。

ご相談
売買の理由、借入対象者の属性、生活状況、負債等の確認を行います。
対象不動産の調査
権利関係、法令制限、ライフライン、現地確認等の調査を行います。
適正価格の算出
近隣取引事例、固定資産税評価額等から積算方式と収益還元方式にて算出を行います。
面談
金融機関との面談を行います。
売買契約締結
売買契約書、重要事項説明書、付帯設備書等の署名押印を行います。
融資実行
融資実行と同時に所有権移転を行い取引完了です

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社インプルーブ(IMPROVE,INC.) All Rights Reserved.